Party Box

投稿者
はまっちゃった人
構築名
雨乞いサンダーAリベンジ
ルール
2000
Lv55 サンダー ×
かみなり
ドリルくちばし
あまごい
ねむる
FFFF きせきのみ

Lv50 パルシェン
れいとうビーム
リフレクター
いやなおと
だいばくはつ
FFFF きのみジュース

Lv50 ハガネール
じしん
のろい
ほえる
だいばくはつ
FFFF たべのこし

Lv50 カビゴン
のしかかり
のろい
ねむる
じばく
FFFF はっかのみ

Lv50 カイリキー
クロスチョップ
めざめるパワー
どくどく
アンコール
DEFF おうごんのみ

Lv55 ガラガラ
じしん
いわなだれ
めざめるパワー
つるぎのまい
DDFF ふといホネ

No.25の雨乞いサンダーSAはもっと強くなりそうな気がしたので作り直しました。

 

ポイントとなるのはサンダーのサブウエポンの変更で、めざ氷からドリ口に変更しました。

言うまでもなくフシギバナ意識で、めざ氷だとぬるぬるしてる内に素眠りまで追い込まれてしまうので、奇跡所持の先手ドリ口2発できっちり沈めます。

ドリ口にすることで地面に流されてしまいますが、めざ氷にした所でハガネール・イノムー・ヌオーには流されてしまうので大差ありません。

 

サンダーを流せるのは55カビ・ハピ・純電気・地面あたりで、ハピ・純電気・地面対策は55カビ対策の流用でかなりの部分を賄えるので、取り巻きへの負担は少ないです。

これに加えて、55サンダーでは流せない55サンダー・バンギ・フー・カイリューあたりの対策を強化すれば良いです。

(なお、55晴れファイヤーはサンダーの先手雨乞いで流せます。これでスターミー等を入れる必要がなくなります。これは大きい。)いばみがのように攻撃力が上がったカビゴンの処理を考える必要もなければ、昆布のように撒きポケ必須とかカビゴン一体残し対策必須とかもないので、55カビを潰せる型としては取り巻きへの負担が少なく済んでいます。

 

取り巻きは見ての通りなので補足説明が必要な所だけ。

 

・パルシェン

 パルシェン+サンダー対カビゴン+フシギバナを考慮し、冷Bと音を持たせた。

 (音でカビゴンへの後出しを可能とし、後ろのフシギバナには冷Bで圧力をかける)

・ハガネール

 鈍い吠えでエアームドも間接可能(鈍いを3回積んでから大爆発)。

・カビゴン

 55カビ+特殊(サンダー、スターミー等)の組み合わせ相手で55カビを絡め取れる。

 圧し鈍い眠る薄荷カビに勝つには55カビで鈍いを積み合うしかないが、鈍いを積み合ったが最後、交代するわけにもいかず55カビで50カビの自爆を受けるしかなくなる。

・カイリキー

 55カビ+ノーマル耐性の組み合わせに刺すためにクロチョとめざ霊を搭載。

 スターミー撃破とサンダー釘付けのために毒を搭載。

 アンコールは、カビゴンの鈍い・カウンター、ミルタンクの鈍い、ガラガラの岩雪崩・剣の舞、サンダーの身代わりあたりを狙う。

・ガラガラ

 55カビゴン+50ファイヤーや(ハガネール爆破後の)ライコウ+エア等を突破するために採用。

 エア突破や55カビゴンとの対面を考えると55で使わざるを得ないので、結果的にWAに。

 実は55音オーダイルとかなり迷った枠。55カビゴン+50ファイヤー突破の確実性や持ち物コスト、有象無象に対する汎用性でガラガラに劣るが、対地面(特に55ドンファン)強化は捨てがたい。

----------------

「どうやって雨乞いサンダーで55カビを倒すんだ」と自分でも思ったので補足。

雷2発圏内に入ったカビが眠るターンを読んで雨乞いをすることで、雷急所待ちの状態になり、高確率で倒せます。

問題はどうやって雷2発圏内に入れるかですが、手っ取り早いのはカイリキーのクロチョを入れるか爆破を当てるか。

遅くなりますが、受け合いの中で雷2発圏内に入れられるケースもあります。

ここで、撒きびしでダメージを入れたり、リフレクターを盾にサンダーが居座ったりすれば、少しは早くなります。

 

ただ、やっぱり大変は大変なので、50ポケモンで55カビを倒すのが基本線です。

(更に言うと、寝言カビは急所待ちにできず、薄荷カビも急所待ちに追い込むには相当な労力を要します。これらのカビはハガネールで受けられる型であることが多いのが救いですが…。)