Party Box

投稿者
はまっちゃった人
構築名
カイリキードンファンWA
ルール
2000
Lv55 カイリキー
クロスチョップ
いわなだれ
めざめるパワー
ねむる
DEFF きせきのみ

Lv50 ハピナス
かみなり
れいとうビーム
リフレクター
タマゴうみ
1FFF まひなおしのみ

Lv50 ファイヤー ×
だいもんじ
にほんばれ
リフレクター
ねむる
1FFF はっかのみ

Lv55 ドンファン
じしん
すてみタックル
のろい
アンコール
FFFF たべのこし

Lv50 ナッシー
ねむりごな
やどりぎのタネ
サイコキネシス
だいばくはつ
FFFF みずたまリボン

Lv50 スターミー ×
ハイドロポンプ
サイコキネシス
でんじほう
じこさいせい
1FFF ピントレンズ

カビゴンA対策はいくつか考えられますが、No.62・No.70のカビゴンSAは何れの対策にも対応できるように作成しています。

(カビ受け1枚に対しては可変カビゴン、カビ受け2枚やカビゴン釘付けに対しては取り巻きの決定力、先手の積み技+α・甘える・リフに対してはピントカビ等、先手の催眠や吠えループに対しては寝言カビ等で対応)

逆に言えば、このカビゴンSAに通用する対策が見つかればその対策は他のカビゴンAにも通用する可能性が高いので、そのような対策を見つけるべく今回のパーティを作成しました。

 

今回は、リフサポ付き高レベルカイリキーを採用しました。

カイリキーをベースにすればカビゴンの型読みは不要、リフサポであれば種族の自由度が高いためカビゴンAの取り巻きに突破されにくい種族を採用可能、カイリキーの圧力があればピント急所狙いの試行回数も最小限に食い止められるため、カビゴン対策としては最も安定します。

 

リフサポ役としてはハピナスとファイヤーを採用。

ハピナスはスターミーとサンダー受けのために入れています。

サンダーはドリ口いばみがなので非常に危険ですが、リフでドリ口も自滅ダメージも軽減できるため、受けに徹すればがんばれる余地はあります。

雷麻痺は喰らいたくないので、麻痺直しの実所持です。

(それでもサンダーは危険なので、No.62・No.70のカビゴンSAのキラパにしたいなら5110万リフねむねごライコウの方が良いです) 

ファイヤーは何よりナッシーとハガネールを出落ちさせられる点が重要。

ファイヤーを先発で出せば、爆破爆破何かの択ゲー(爆破爆破からカビゴンと見せかけてスターミー、とか)を阻止できます。

ナッシーとハガネール以外にも、フォレ出落ち、パルは先手でリフや日本晴れを貼れば有利、ごく一部の型を除く自爆カビも相打ちになるまで追い込める等、少なからぬ爆破速攻戦術に刺すことができます。

なお、火炎放射だとナッシー2発、ハガネール乱数1発なので出落ちさせることができず、対面でも爆破や眠り粉で抵抗される可能性が出てきます。

文字1本だとPPが不安ですが、ファイヤーで対策する対象のポケモンは文字2発以内で倒すことができるため、50寝言カビゴンを倒そうとする等の無茶をしなければなかなかPP切れにはなりません。

 

その他、他のパーティに対応するため、カイリキーの裏側の攻撃範囲を持ち、カイリキーと同様にリフサポを使ったカビ対策が可能なドンファンをWAに採用。

対ガラや対コンボの弱点を埋め、ハピナスが一方的にサンダー昆布されるのを阻止し、カイリキー受けとドンファン受けを同時に出された時の突破口も確保するために、爆破梨を採用。

細かい弱点(主にバンギ関連)を埋めるためにスターミーを採用。

 

このパーティが出来上がった時は新鮮すぎるメンツに不安を覚えましたが、思ったより穴は少なく、何より構造的にカイリキーガラガラWAハピエアとほぼ同じことに気付いたので、今では安心しています。

(カビゴン対策がノーマル耐性ベースではなくリフベースになったため、エアの代わりにファイヤー、ガラガラの代わりにドンファンとなった)