Party Box

投稿者
はまっちゃった人
構築名
カビゴンSA(カビゴン低依存型)
ルール
2000
Lv55 カビゴン
おんがえし
のろい
でんじほう
ねむる
FFFF はっかのみ

Lv50 カイリキー
クロスチョップ
いわなだれ
めざめるパワー
どくどく
DDFF おうごんのみ

Lv50 スターミー ×
ハイドロポンプ
サイコキネシス
でんじほう
じこさいせい
1FFF ひかりのこな

Lv50 サンダー ×
かみなり
ドリルくちばし
いばる
みがわり
FFFF たべのこし

Lv50 ハガネール
じしん
のろい
ほえる
だいばくはつ
FFFF せんせいのツメ

Lv50 ナッシー
ねむりごな
やどりぎのタネ
サイコキネシス
だいばくはつ
FFFF きせきのみ

カビゴンAの分析を進めた所、No.62で投稿したパーティ(55地震寝言ピント♀カビSA)のカビゴンの型をかなり広い範囲で変えられることが判明したので投稿します。

今回は、汎用性の高い電磁砲カビで投稿します。

以下の範囲であれば、カビゴンの型を変更しても汎用性に大きな影響はありません。

・捨て身何かねむねご@ピント…特殊流しに悪影響が出る技を持たせるのは不可(自爆、太鼓等)

・恩返し鈍いねむねご@ピント

・圧し爆Pねむねご@ピント

・恩返し鈍い何か眠る@薄荷…特殊流し、特にサンダー流しが安定する技を持たせるのが望ましい(電磁砲、毒、寝言等)

取り巻きの型は原則として変える必要がありません。

ただしカイリキーの文字の枠については変更した方が良いです。

カビゴンが鈍い電磁砲の場合は、カビゴン自身でミルタンクやエアと戦えるため、いばみがサンダー対策の毒が良いです。

それ以外の型の場合は、ミルタンクに対面で勝つことができ、後出しエアのドリ口も返せるカウンターが良いです。

ちなみに51以下のカイリキーは55恩返し鈍いミルタンクに対面で不利です。1回鈍われても先手を取られるので、「鈍い、クロチョ」→「恩返し、クロチョ」→「恩返し」でカイリキーが負けます。

カイリキー側が対抗するためには、アンコール、カウンター、鈍いの何れかが必要です。

(それでも、鈍わずに恩返しを打つパターンや2回鈍うパターンを考えると、読み次第では勝てなくなります。アンコールやカウンターで対抗する場合、何の型かわからないカイリキーに対して1回鈍い以外のパターンを選ぶのはミルタンク側も相当なリスクを負うことになり、通常選ばれないので、1回鈍うパターン以外はほぼ考慮しなくて良いと思いますが…)

カビゴンの型の自由度が高くなった理由としては、パーティの構造的にカビゴンへの依存度が低いことが挙げられます。

通常のカビゴンAは取り巻きでカビゴンをサポートする構造となっていますが、今回のカビゴンAの取り巻きはサポートを放棄して自身で決定力を出せる型になっています。

選出パターンとしては、受け回しの中で何れかのポケモンで決定力を出すパターンもあれば、爆破間接を狙うパターン、爆破爆破からタイマンを狙うパターン(最後の1匹はカビゴンとは限らない)もあります。

カビゴンが頑張らなくても取り巻きが頑張るので、カビゴンにかかる負担が減り、カビゴンの型をある程度自由に変更することが可能になりました。

カビゴンの強みの一つは相手が型を読み違えた時にあっさり勝利を決めることができる所にあるので、リスクなしにカビゴンの型を変えられることは実運用上重要です。

これまでのカビゴンAには1匹や2匹はカビゴンをサポートするためのポケモンが入っていたのですが、サポートを放棄して決定力を出すパターンを増やすことで、新たな可能性が見えるかもしれません。

------------------------

余談というか近況というか

妻のおかげで自己顕示欲に踊らされる生き方をやめることができました。

他者からの評価欲しさにポケモンをやることはもうないので色々後片付けしましたが、結局ポケモンやってるので、純粋に好きなんだと思います。